6 詐欺情報, 詐欺の疑い…特殊詐欺, 振り込め詐欺, おれおれ詐欺, ニセ電話詐欺…電話でお金詐欺(特殊詐欺), オレオレ詐欺, 預貯金詐欺, 架空料金請求詐欺, 還付金詐欺, 融資保証金詐欺, 金融商品詐欺, ギャンブル詐欺, 交際あっせん詐欺, キャッシュカード詐欺盗, その他の特殊詐欺…SNS型投資詐欺, SNS型ロマンス詐欺…サイバー攻撃 2024.6.11- ✓Police ✓Press ✓Japan,にほん,日本

2024.6.12, 千葉県警松戸署は12日、千葉県松戸市の無職男性(77)が現金約1億円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。

ネットバンクで1億円詐欺被害 77歳男性に親近感抱かせ投資誘導

千葉県警松戸署は12日、千葉県松戸市の無職男性(77)が現金約1億円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。

署によると、男性は2月27日から、中国人の父と日本人の母がいると説明する女とSNSでメッセージのやりとりを重ね、5月22日までに複数回、指定する銀行口座にインターネットバンキングなどで現金を振り込んだ。

女は「母が松戸に住んでいる」「今度日本に帰る予定だ」などと親近感を抱かせ、アプリのようなものをダウンロードさせて投資に誘導し、FX取引名目で現金をだまし取ったという。

女はSNSで「私の叔父が大学教授で30年以上の経済学のキャリアを持ち、指導してくれる。一緒にがんばりましょう」などとうそを言い、叔父を名乗る人物がSNSで金額と投資のタイミングを指示。カスタマーサービスを名乗る別の人物もSNSで振込先の口座を指示したという。

アプリは実在するものと同じ名前だったが、署は何者かがアプリを細工し、男性に「利益が出た」と誤認させていたとみて調べている。

77岁男子通过网银被骗1亿日元 靠让自己感觉亲近诱导投资

千叶县警察松户警察署12日通报,千叶县松户市的一名失业男子(77岁)被骗走约1亿日元现金。

警方称,从2月27日开始,该男子在社交媒体上与一名女子交换信息,女子解释说她的父亲是中国人,母亲是日本人,到5月22日,该男子已多次向她指定的银行账户汇款。

据称,该女子试图通过说“我母亲住在松户”和“我打算回日本”等话来让受害者感到亲近,然后让受害者下载诸如应用程序之类的东西诱骗其投资,然后以外汇交易为借口骗取现金。

该女子在SNS上撒谎称,“我的叔叔是一位拥有30多年经济学经验的大学教授,他会教我,我们一起努力吧。”随后,一名自称是她叔叔的人在 SNS 上指示金额和投资。另一位自称是客服人员的人也在社交媒体上告诉他要把钱汇到哪个银行账户。

尽管该应用程序与真实应用程序同名,但警方正在调查是否有人操纵该应用程序,误导该男子认为自己已经获利。

2024.6.12, SNSを利用した投資詐欺や特殊詐欺が相次いでいます。警察は11日、青森県内で3件の被害を発表し、被害総額は1800万円余りに上っています。

県内で「SNS型」特殊詐欺被害相次ぐ 3件で被害総額1800万円余り

SNSを利用した投資詐欺や特殊詐欺が相次いでいます。警察は11日、青森県内で3件の被害を発表し、被害総額は1800万円余りに上っています。

十和田警察署管内では、40代の女性が「新NISA交流グループ」というLINEグループに参加。

「皆利益を上げている」と説明を受け、3月から5月まで7回にわたり、指定された口座に合わせて1420万円を振り込み、だまし取られる被害が確認されました。

また、つがる警察署管内では、50代の女性が投資用アプリをインストールし「課題をクリアすれば利益を得られる」などと投資話を持ち掛けられ、合わせて372万円余りをだまし取られました。

さらに青森警察署管内では、30代の女性が「動画を見るだけで5000円から稼げる」という広告から副業を勧められ、85万円余りをだまし取られました。

警察は「簡単にお金が稼げる」などと投資など勧めてくるのは詐欺の可能性があるとして、家族や警察に相談するよう呼び掛けています。

利用SNS的投资诈骗和特殊诈骗不断发生。 11日,警方公布了青森县发生的三起破坏案件,总损失超过1800万日元。

在十和田警察署,一名 40 多岁的女性加入了一个名为“新 NISA 交流群”的 LINE 群组。
受害人在得到“大家都在获利”的解释后,从3月到5月,先后7次向指定银行账户转账1420万日元,被骗。

此外,在津轻警察局,一名50多岁的女性安装了一款投资应用程序,并被告知“如果完成任务就可以赚钱”,并提出投资想法,结果被骗了更多钱。超过372万日元。

此外,在青森县警察局,一名30多岁的女性因“看视频也能赚到5000日元”的广告,被鼓励从事副业,被骗了85万日元以上。 ”

2024.6.12, 国の雇用調整助成金(雇調金)などをだまし取ったとして、警視庁は住居不定、職業不詳の伊吹治容疑者(54)ら5人を詐欺容疑で逮捕し、12日に発表した。認否は明らかにしていない。

「結婚プロデューサー」ら5人、雇調金詐欺容疑で逮捕 不正1億円か

国の雇用調整助成金(雇調金)などをだまし取ったとして、警視庁は住居不定、職業不詳の伊吹治容疑者(54)ら5人を詐欺容疑で逮捕し、12日に発表した。認否は明らかにしていない。

「コロナで休業手当払った」とうその申請か

捜査2課によると、逮捕容疑は、5人のうち1人が経営する介護サービス会社(東京都杉並区)が新型コロナウイルスの影響で休業し、従業員6人に休業手当を支払ったとするうその内容を東京労働局に申請し、2021年10月ごろに雇調金や緊急雇用安定助成金計約1100万円を詐取。また、他の1人が経営するエステサロン(宇都宮市)について栃木労働局に同様の虚偽申請をし、22年2~3月ごろに約500万円を詐取したというもの。

伊吹容疑者は不正の指示役で、介護サービス会社が受給した雇調金のうち6割を得ていたという。ほか4人は申請者とリクルーターに役割を分担し、報酬を得ていたという。警視庁は、伊吹容疑者らが関与する不正受給の総額は計約1億円とみて調べている。伊吹容疑者は「東宮摂武」の名前で「結婚プロデューサー」と称して活動していたという。

警视厅12日宣布,以骗取国家就业调整补助金为由,逮捕了住所不明、职业不明的伊吹治(54岁)等5人。

据称,伊吹负责这起诈骗案,并获得了护理服务公司60%的就业补贴。据称,其他四人已在申请人和招聘人员之间分配角色并获得报酬。警视厅正在调查伊吹等人所涉及的诈骗利益总额,估计总额约为1亿日元。

2024.6.12, 羽咋署は11日、羽咋市の70代男性が交流サイト(SNS)を利用した投資詐欺被害に遭い、現金約4500万円をだまし取られたと発表した。金(きん)の取引を勧められ、数百万円を計11回にわたって送金した。今年、石川県内で確認されたSNS型投資詐欺の被害額としては最大で、価格の下落リスクが小さいとされる金相場に着目して投資を持ち掛けたとみられる。

羽咋の70代、4500万円被害 
投資詐欺、県内で今年最高額

●SNSで「金はもうかる、倍になる」

羽咋署は11日、羽咋市の70代男性が交流サイト(SNS)を利用した投資詐欺被害に遭い、現金約4500万円をだまし取られたと発表した。金(きん)の取引を勧められ、数百万円を計11回にわたって送金した。今年、石川県内で確認されたSNS型投資詐欺の被害額としては最大で、価格の下落リスクが小さいとされる金相場に着目して投資を持ち掛けたとみられる。

羽咋署によると、男性は2月上旬ごろ、インターネットの投資に関する広告を介してSNSグループに加入した。やりとりの中で、メンバーの複数人から「今は金を保有した方がもうかる。資本が倍になる」と勧められ、3月4日から同28日にかけ、指定口座に数百万円ずつ送金した。

男性は、金取引を勧めてきた人物に取引窓口となるサイトを紹介された。サイトを通じ、指定された口座に少額を振り込んだところ、男性の元に利益が出たことを示す画像が送られてきたという。

署によると、その後、専用のホームページ上では男性が数億円の利益を上げていたことになっていた。男性は、SNSグループのメンバーからアドバイス料として利益の10%を要求されたため「利益から差し引いてほしい」と伝えたところ、「現金の振り込みしか受け付けない」と言われて不審に感じ、家族に相談して被害が発覚した。

県警が今年、4月末までに認知したSNS型投資詐欺の被害総額は約1億7840万円(11件)と、昨年の約7300万円(同)を大きく上回っている。5月以降も被害は相次いで発覚し、金沢市の70代男性が約2700万円、七尾市の70代男性が約1200万円をだまし取られた。

●「第三者に相談、冷静な目で」 出口保行・東京未来大教授(犯罪心理学)

増加するSNS型投資詐欺について、出口保行東京未来大教授(犯罪心理学)は「SNSは電話より容易。一人でも引っかかればもうけものと考える犯罪者にとって、コストパフォーマンスがいい犯罪になっている」との見解を示した。

被害者は「もうかる」という言葉に引きつけられるとし、「情報の秘密性が高いことも強調されると、手放すのはもったいない気持ちになる」と指摘。自分に都合のいい情報のみを取り入れる心理状態になる恐れがあり、「第三者に相談し、冷静な目で判断してもらうべきだ」と述べた。

羽咋警察署11日通报称,羽咋市一名70多岁的男子遭遇利用社交网站(SNS)的投资诈骗,被骗走现金约4500万日元。他被鼓励进行黄金交易,总共转移了11次数百万日元。这是石川县今年确认的最大金额的SNS型投资骗局,嫌疑人似乎是为了投资黄金市场而接触的,据说黄金市场价格下跌的风险很小。

2024.6.11, 交流サイト(SNS)で経済アナリスト、森永卓郎さんになりすまし、女性から現金1000万円をだまし取ったとして、福島県警いわき中央署は11日、詐欺の疑いで東京都墨田区亀沢、中国籍の会社役員、温焯麟容疑者(34)を再逮捕した。署によると「金は受け取ったが、だましてはいない」と容疑を否認している。

森永卓郎さんかたり詐欺疑い、中国籍の男を再逮捕 池上彰さんかたる手口も

交流サイト(SNS)で経済アナリスト、森永卓郎さんになりすまし、女性から現金1000万円をだまし取ったとして、福島県警いわき中央署は11日、詐欺の疑いで東京都墨田区亀沢、中国籍の会社役員、温焯麟容疑者(34)を再逮捕した。署によると「金は受け取ったが、だましてはいない」と容疑を否認している。

容疑者はジャーナリスト池上彰さんをかたる同様の手口で約1000万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で5月に逮捕されていた。

再逮捕容疑は何者かと共謀して今年2月17日~3月21日、香川県の70代女性に「銀取引に投資すれば大きな収益が出せる」というメッセージを送って投資を持ちかけ、現金取引業者を名乗って香川県内で女性から現金1000万円を詐取したとしている。

森永卓郎氏かたり詐欺疑い 中国籍の男を再逮捕、福島

交流サイト(SNS)で経済アナリスト森永卓郎さんになりすまし、女性から現金1000万円をだまし取ったとして、福島県警いわき中央署は11日、詐欺の疑いで東京都墨田区、中国籍の会社役員温■(火ヘンに卓)麟容疑者(34)を再逮捕した。署によると「金は受け取ったが、だましてはいない」と容疑を否認している。

容疑者はジャーナリスト池上彰さんをかたる同様の手口で約1000万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で5月に逮捕されていた。

再逮捕容疑は何者かと共謀して今年2月17日~3月21日、香川県の70代女性に「銀取引に投資すれば大きな収益が出せる」というメッセージを送って投資を持ちかけ、現金取引業者を名乗って香川県内で女性から現金1000万円を詐取した疑い。

福島県警は、香川県警の応援を得て再逮捕したとしている。

11日,福岛县警察磐城中央警察局逮捕了东京都墨田区的中国公司高管温先生,原因是他涉嫌在社交网站(SNS)上冒充经济分析师森永卓郎,诈骗一名女子1000万日元现金,嫌疑人温焯麟(34岁)再次被捕。

2024.6.11, オンラインの掲示板で男性の相談に乗るという架空の副業サイトで、副業を希望する女性から手数料をだまし取ったとして、警視庁犯罪収益対策課は11日、詐欺などの疑いで、サイト「サポー(現ピーチリンク)」を運営していた新潟市中央区、職業不詳の加藤真詩容疑者(41)ら26人を逮捕したと発表した。 他に逮捕されたのは、掲示板で女性に架空の相談を持ち掛ける「サクラ」役や、振り込みなどでだまし取った詐取金を回収する「出し子」の男ら。 犯収課によると、グループは副業希望者に対し、「報酬を得るには会員登録と専用回線が必要だ」などとうそを言い、初期費用や回線のバージョンアップの名目で繰り返し手数料をだまし取っていた。2021年から23年にかけ、20~30代の若い女性を中心に約8600人が計19億円の被害を受けたという。

人生相談サイトで現金詐取容疑 詐欺グループメンバー26人逮捕―数千人、19億円超被害か・警視庁

副業サイトで「人生相談に乗ってくれれば報酬を得られる」と宣伝し、女性から現金をだまし取ったとして、警視庁犯罪収益対策課は11日までに、詐欺容疑などで、特殊詐欺グループのメンバーで職業不詳の鈴木一樹容疑者(48)=千葉県市川市真間=ら男女26人を逮捕した。いずれの認否も明らかにしていない。

米国以外にも売春あっせん 容疑で3人再逮捕―ホスト代目的の出稼ぎも・警視庁

同課は同日までに、グループ拠点のビルなど1都4県の11カ所を捜索。同様の手口で、全国の数千人から19億1000万円以上をだまし取った疑いがあるとみて、全容解明を急ぐ。

逮捕容疑は昨年7~9月、グループが運営する副業サイトに会員登録した40代の女性から手続き費用名目で、現金計40万7000円をだまし取り、他の被害者の被害金も合わせて計129万円をATMから引き出した疑い。

同課によると、グループは、副業を紹介するとうたったサイトで「人生相談に乗ってくれれば報酬を得られる」と宣伝。希望者がサイトに登録すると、相談者に成り済ましたメンバーにメッセージでやりとりをさせていた。

メンバーらは「相談のお礼をしたい。振込先を教えてほしい」と持ち掛け、口座番号などの個人情報をやりとりするための専用回線などの開設を依頼。そのための費用として、1回あたり数十万円を振り込ませていた。

架空副業サイトで手数料詐欺 容疑の運営者ら26人逮捕 女性8600人19億円被害か

オンラインの掲示板で男性の相談に乗るという架空の副業サイトで、副業を希望する女性から手数料をだまし取ったとして、警視庁犯罪収益対策課は11日、詐欺などの疑いで、サイト「サポー(現ピーチリンク)」を運営していた新潟市中央区、職業不詳の加藤真詩容疑者(41)ら26人を逮捕したと発表した。

他に逮捕されたのは、掲示板で女性に架空の相談を持ち掛ける「サクラ」役や、振り込みなどでだまし取った詐取金を回収する「出し子」の男ら。

犯収課によると、グループは副業希望者に対し、「報酬を得るには会員登録と専用回線が必要だ」などとうそを言い、初期費用や回線のバージョンアップの名目で繰り返し手数料をだまし取っていた。2021年から23年にかけ、20~30代の若い女性を中心に約8600人が計19億円の被害を受けたという。

個別の相談(チャット)で女性とやりとりしていたのはグループが用意したニセの相談者で、副業サイトの実態はなかったとみられる。手数料は振り込み、暗号資産、電子マネーなどで受け取っていたという。

逮捕容疑では、共謀して昨年7月17日~9月16日、副業を希望する女性(42)=当時=から、会員登録や専用回線の導入などの名目で約40万円をだまし取った上、この女性ら複数の被害者の被害金129万円を、振り込ませた口座から盗んだとされる。同課はいずれの認否も明らかにしていない。

副業うたう人生相談サイトで詐取容疑=8千人、19億円超被害か―詐欺グループメンバー26人逮捕・警視庁

副業サイトで「人生相談に乗ってくれれば報酬を得られる」と宣伝し、女性から現金約40万円をだまし取ったなどとして、警視庁犯罪収益対策課は11日までに、詐欺容疑などで、特殊詐欺グループのメンバーで職業不詳の鈴木一樹容疑者(48)=千葉県市川市真間=ら男女26人を逮捕した。いずれの認否も明らかにしていない。

同課は同日までに、グループ拠点のビルなど1都4県の11カ所を捜索。同様の手口で、全国の約8600人から19億1000万円以上をだまし取った疑いがあるとみて、全容解明を急ぐ。

逮捕容疑は昨年7~9月、グループが運営する副業サイトに会員登録した東京都の40代女性から手続き費用名目で、現金計40万7000円をだまし取った上、他の被害者の被害金も合わせて計129万円をATMから引き出した疑い。

同課によると、グループは、副業を紹介するとうたったサイト「サポー」=閉鎖=で「人生相談に乗ってくれれば報酬を得られる」と宣伝。希望者がサイトに登録すると、相談者に成り済ましたメンバーにメッセージでやりとりをさせていた。

メンバーらは「相談のお礼をしたい。振込先を教えてほしい」と持ち掛け、口座番号などの個人情報をやりとりするための専用回線などの開設を依頼。そのための費用として、1回当たり数十万円を振り込ませていた。 

11日,东京警视厅犯罪所得控制部门指控网站“Support”(现为Peach Link)在一个虚构的兼职网站上收取欺诈佣金,共有 26 名男女被捕

据刑事调查科称,该团伙多次以初始费用和线路为借口,谎称“需要注册会员并拥有专线才能获得报酬”等谎言,欺骗应聘副业的申请人。2021年至2023年,约8,600人(主要是20多岁和30多岁的年轻女性)遭受了总计19亿日元的损失。


评论

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用 * 标注